東京で幼児教室を選ぶときのポイント

少子化の時代でも人口が多い東京には、他の地域に比べて幼児教室もたくさんあります。

幼児教室はいわゆるお受験のための教室とは少し違います。それでは、なぜ幼いうちからこのような教室に子どもを通わせることが注目され、定着しつつあるのでしょうか。それは、ヒトの脳の約8割が3歳までに成長するといわれているからです。少しでも早いうちに脳に良い刺激を与えるような知育をすれば、今後の成長に良い影響をもたらすことが期待できます。種類が多いだけに、東京で幼児教室を選ぶ際にはチェックすべきポイントが幾つかあります。まず、どのような内容を教えているかです。

大きくわけて英語や音楽など文化的なものをメインにしたものと、体操やサッカーといった運動をメインにしたものがあります。もちろん両者を合わせたものもあり、どちらも子どもの脳の発達を考えたカリキュラムですので、お子さんの性格に合わせたものを選ぶのが得策です。内容と共に気をつけたいのが先生の人柄や施設の安全性です。

効果的な知育を受けさせるには有名な先生が在籍しているところが良いかもしれませんが、子どもと相性が合わなさそうな雰囲気を感じたらそこは敬遠するのが無難です。知育といっても幼い子どもは楽しく遊んでいるという認識です。のびのび過ごせる教室を選びましょう。また、交通量の多い東京ですから、施設の近辺の交通事情や住宅事情にも気を配りたいところです。保護者が付き添って送り迎えする場合でも、より安全で安心できる環境を選ぶよう心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *