0歳児から通う幼児教室の条件とは?

0歳から幼児教室に通うと聞くと、「そんな小さい内から教育するなんて」とびっくりされる方もいるのではないでしょうか。

しかし子どもの潜在能力を引き出したいと考えているなら、0歳の内から幼児教室に通うことは有効です。潜在能力を引き出すためには、すべての脳が使えるための配線を刺激することがポイントになります。特に左右の脳の配線が重要です。本来持っている力を引き出すためには、心を安定させることも大切ですが、脳の配線が整っていることも重要なポイントになります。

人間の脳は右脳と左脳で働きが違いますが、右脳の働きが強い人は天才であることが多いです。左脳は論理だけをつかさどる脳ですが、右脳は論理と感性の両方を同時に使うことができるからです。左脳の方が優位になってしまうと、すべての能力を発揮することが難しくなってしまうので、0歳から幼児教室に通って右脳を発達させるような取り組みを行うことが大切であるといえます。ただし、右脳だけ発達させても本当の天才だとはいえません。

右脳だけでなく左脳も発達させて、二つの脳が太い配線でつながれることが天才と呼ばれる脳の条件になります。幼児教室を選ぶ際には、脳に良いからと言って子どもの年齢に合わないような取り組みをさせている教室を選ばないことです。子どもの年齢に合った学習法で学べるような教室を選ぶようにしましょう。最適な取り組みを行っていれば、12歳ころには100%の能力を発揮できるような配線を持つことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *