1歳からの幼児教室で右脳を鍛える!

世の中には天才と呼ばれる子どもがいます。

ある子供は芸術に優れていたり、またある子供は3つぐらいの言語を操るなど大人でも真似できないような能力を発揮しています。自分の子供は凡人に生まれたから、などと言って大抵の親は我が子の能力を引き出す前に諦めてしまいがちですが、実はこれは大きな間違いではないでしょうか。1歳からの幼児教室が人気を呼んでいるのは、そんな間違いに気づいた親が増えてきたからなのかもしれません。なぜなら、研究では、乳幼児の時期にたくさんの刺激を脳に与えることが脳細胞の発達に結びつく、という結果が出ているからです。

特に、右脳に働きかける教育は芸術性を高めることに大変に役に立つのです。子供の能が発達するのは3歳までと言われているので、1歳児を幼児教室に通わせるのは、まさに時期的にも丁度良いのではないでしょうか。幼児教室と言っても、1歳はまだ赤ちゃんですので、当然のことながら机に座って勉強等をする訳ではありません。リトミックや運動、遊びながらの英語等、子供が楽しめる内容が盛りだくさんになっています。

そんな遊びを通して、子供は無理なく英語が聞き取れるようになったり、お絵かきに興味を持つようになるなど、それぞれの才能の芽を見せてくれます。このように天才に生まれなくても、幼児教室は子供の右脳を鍛え、子供の能力を引き出すために力を貸してくれると言っても良いのではないでしょうか。家庭ではできない教育の一端を担う役割を果たしてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *