1歳からでなく0歳から幼児教室に通おう

子どもが生まれて1歳くらいから幼児教室に通わせそうと思っているなら、ぜひ生まれた直後から通わせることを検討してみて下さい。

脳はお母さんのお腹から出た時からどんどん成長して3歳までには大人の8割まで成長します。したがって1歳から通うのではなく生まれてすぐに幼児教室に通うのが効果的であるといえます。「生まれたばかりの赤ちゃんに一体どんな教育をするのだろう」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。0歳コースで行っている取り組みは、主にうつぶせ運動や左右対称性、原始反射の統合などです。

赤ちゃんは首がすわるまで仰向け寝で過ごすことが多いかと思いますが、仰向け寝ばかりだと見る力が発達しづらくなるのでうつぶせ運動を行います。左右対称性は、ハイハイなどに向けて体のバランスを整える効果があります。原始反射の統合ではルーティング反射や把握反射などの原始反射を何度も引き起こすことによって、統合されて自分の体を自由に動かせるようになります。

このような取り組みを行ってから1歳児コースに進むことによって、より幼児教室の効果を実感することが可能です。1歳児コースではフラッシュカードや指先トレーニングなどを本格的な幼児教育が始まります。幼児教室ではこのように年齢に応じてカリキュラムが組まれているので、効果的に脳の成長を促すことができます。子どもは日々成長していくので、その時の年齢で手に入れたい能力を逃さないようにように幼児教室に通うことが有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *