1歳から通う幼児教室のメリット・デメリット

幼児教室とは、就学前の幼児を対象にした教室です。

学べる内容は言葉や数字に限らず、音楽やダンスなどの表現力を養う教室や、コミュニケーション能力や協調性を身に付ける目的の教室もあります。体操やスポーツを体験できる教室も存在するため、一概に「幼児教室=早い年齢から勉強を開始する場所」とは言えません。特に1歳児となると、まだ文字を読んだり身体を動かしたりするのは早い発達段階です。

そのため1歳の幼児教室での活動も、「親子で遊びながら色々な物に興味を持たせる」「他の子供や大人がいる場所に慣れる」といったものがメインと見られます。子供を早くから幼児教室に通わせるメリットは、まず「脳への刺激」がたくさん与えられることです。0歳から6歳までの幼児期は、脳の発達にとって「黄金期」と呼ばれます。脳が情報や知識をどんどん吸収し急激に発達する時期であるためです。言葉を上手く発せない1歳児でも、実は毎日大量の情報を吸収して脳を育てています。

そのため、早い段階から様々な言葉や環境に触れさせることで、より知能や感性が高まるという説が一般的です。また1歳など早いうちから他の大人や子供に慣れさせることで、集団行動のできる協調性ある子供に育つことが期待されます。「人の話を集中して聞く」「指導者の指示を正確に実行する」スキルも養えるので、保育園や幼稚園への入園後も安心して預けることができます。

デメリットは、教室に通う費用がかさむことです。幼児教室の月謝の目安は5、000~20、000円で、早いうちから通えば当然掛かる費用の総額も高くなります。将来の教育費を圧迫する恐れもあるため、家計との兼ね合いは重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *