1歳で通える幼児教室にはどんな種類があるの?

幼児教室の対象年齢は、脳の発達を促すような教室であれば6ヶ月から1歳頃の赤ちゃんから通うことができます。

1歳の頃から幼児教室に通う場合のポイントは、どのような目的で通うのかをはっきりさせておくことです。知育系の幼児教室でも、脳の発達や子どもの可能性を伸ばす教室と有名私立幼稚園や小学校受験が目的の教室の2つに分けられるからです。特に受験が目的ではないのに、受験専門の教室に入ってしまうと親も子どもも負担になってしまうので注意しましょう。子どもの脳の発達を促すことを目的としている教室では、主に集団でカリキュラムを教えるのが一般的です。

他の子ども達と一緒に学ぶことができるので、知育の発達と同時にコミュニケーション能力を引き出すこともできます。受験専門の教室では、受験に成功するという明確な目的があるので本格的な受験対策の勉強を行います。受験専門の教室は集団指導も行っていますが、個別指導もあります。個別指導は費用も高くなりますが、子どもに合わせた指導を行うことができます。

他にも1歳で通える幼児教室の中には、リトミックや体操、水泳などの知育系以外のものもあります。リズムや音楽に合わせて音楽を楽しむことを目的としているリトミックは、ピアノやバイオリンのように一つの楽器を極めるのではなく様々な音楽体験を行うことができます。体操は体の柔軟性を高め、運動が好きになるといわれています。水泳は健康面で効果が高いといわれているので、人気のある幼児教室です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *