1歳から幼児教室に通う子どもも増えています

幼児教育に関心を持つ親御さんが増えていますが、いつから教育を始めるのかということは、家庭ごとの考えによって大きく異なります。

小学校に入学するまで勉強は一切させずにたっぷり遊ばせる方針の親御さんもいれば、出来るだけ早い年齢から勉強や習い事を始めたいと考える親御さんもいます。出来るだけ早くから勉強や習い事を始めたいと考える親御さんの要望に応えるかのように、幼児教室で学んでいる子どもの年齢はどんどん低くなっていて、1歳の子どももたくさん学んでいます。

フラッシュカードや知育玩具、教室のオリジナルテキストなど、様々な教材を使って遊びながら自然と知能を育むことを目的にしている教室が多いので、親御さんも気負わずに通い始められるでしょう。1歳の時期は何を見ても触れても聞いても新鮮で、何にでも興味を持つ時期ですので、幼児教室で体験することをどんどん吸収していきます。遊びながら学ぶ事が出来るので、自然と学ぶことが好きになり、何にでも興味関心を持つ子供に育っていくでしょう。

ですが、子どもは一人ひとり性格も発達の状況もことなります。いくらまだ1歳とは言え、したくないことや嫌いなことはあります。そのため、中には幼児教室に通うことを嫌がる子どももいます。最初は人見知りで嫌がっているだけという可能性もありますが、何度通っても嫌がるようであれば、それは幼児教室に通うことがストレスになっている可能性が高いと言えます。そのような場合は無理に通わせないことも重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *