幼児教室の1歳児クラスのカリキュラムとは?

1歳児クラスが併設されている幼児教室では、どのようなカリキュラムを行っているかというと、主に知能遊びや絵本の読み聞かせ、手遊びや歌遊び、体操やリズム遊びなどです。

知能遊びでは積み木や磁石、クレヨンやアスレチックなどを用いて、幅広い領域の知能遊びを行っています。これらの知育おもちゃを利用してものの名前や形、色や数の概念などを育てることができます。また他の子どもと一緒に学ぶことによって、意欲を刺激し遊びをさらに広げることが可能です。絵本の読み聞かせでは先生が読んでくれる絵本を、みんなと一緒に楽しみます。

1歳の幼児教室に行くたびに絵本の読み聞かせを行うことによって、静かに座って見られるようになり集中力を養うことができます。手遊びや歌遊びでは日本で昔から伝承されてきたわらべ歌を用いる幼児教室が多いです。わらべ歌のような手指をたくさん使うことで1歳児の機能の発達を促し、知能を高めることができます。体操やリズム遊びでは、体をたくさん動かしながらバランスや平均感覚を養います。

体をたくさん動かす楽しさによって同時に知識意欲も高めることができます。リズム遊びでは楽器を用いることもあるので、1歳の時から音楽に触れあえます。このように1歳児の幼児教室では、遊びの中で子どもの様々な能力を引き出すことを目的としています。楽しみながら無理なく知能を高めることができるので、子どもの可能性を広げたいと考えている家庭に最適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *